看板犬 ライガ

3本足のライガ君は(株)ジャーキーズ鬼怒川クラブの看板犬です。
大人しく噛まない優しい犬なので触っても大丈夫です

数年前まで熊本の不知火って町で野良犬だけど町の皆んなに愛される存在だったライガ、当時はジョンとかクロって呼ばれていました。
熊本の震災時に山に逃げイノシシ用の括り罠にハマり、肉が裂け骨が見える程の状態で自分で罠を食い千切り、口のまわりを血だらけで町へ降りて保護されました。その時に自分で怪我した右前足を差し出した。
結果足は切断をする事になりました。そして保護団体から新しくライガの名前を頂きました。

数ヶ月後、保護団体にいたライガの写真に一目惚れした(株)ジャーキーズの代表が熊本まで面接に行き、2018年9月に当グループに譲渡してもらえることになりました。決して噛まない犬なのでご安心ください。


ペット施設として
<Pet facility>

2019年夏に向けてペットと泊まれるスペースとして、2Fの3部屋を改築中です。
またドックランなどの施設も工事予定。